フローフロント検出システム

導入メリット

V-P 切換のタイミングの制御

8ms(63.2%応答)の高応答性センサとの組合せにより、樹脂の到達を瞬時に検出し制御信号を出力します。成形機のスクリュー等の摩耗によって発生する、V-P切換位置のバラツキを、センサ先端の樹脂通過をトリガにして制御することで、一定にコントロールすることができます。

計測波形

成形品末端部に配置することで、V-P切換のタイミングの制御やショートショットの検出に活用可能です。

計測原理

樹脂のフローフロントの到達を赤外線により瞬時に検出。オープンコレクタ出力と同時にLEDランプで表示します。

センサの種類

  • フローフロント検出アンプ
    DIS01

    • 外乱に強い赤外線検出式により、ハイレベルの耐ノイズ性を実現
    • 制御信号を出力する閾値を、0~13Vの範囲で自由に調節可能
  • フローフロント検出センサ
    DISSZLシリーズ

    • 光ファイバを使用した赤外線検出式
    • 高応答性:8ms(63.2%応答時)
    • エジェクタピン形状で金型への組込みが容易(※1)

    ※1 ツバカット等の廻り止め加工はできません。

  • フローフロント検出センサ
    DISSZTシリーズ

    • 光ファイバを使用した赤外線検出式
    • 高応答性:8ms(63.2%応答時)
    • 自由度の高いセンサ取付位置を実現したフラッシュマウント形状
    • 60℃~390℃の樹脂温度が計測可能

製品の詳細情報につきましては、下記リンクより資料をダウンロードいただき、ご確認ください

資料ダウンロード